男性

今増えているハクビシンの被害|対策すれば侵入を防げる

専門業者に任せる

スズメバチの巣をみかけたり、攻撃されそうになったときには無暗に駆除をするのではなく、安全にその場を離れるようにして、駆除は専門業者に任せるようにしてください。業者を選ぶ時には、複数の業者に作業見積もりを出してもらい、金額だけでなく保証もしっかり確認するようにしてください。

害獣の侵入を防ぐ方法

ハクビシン

餌になるゴミを放置しない

ハクビシンの被害が住宅地でも増えています。ネコ科の動物で見た目はアライグマに似ています。雑食性で夜行性なのでゴミ箱を漁ったりして、住宅の屋根裏に住み着きます。対策としては家の周りに餌になるようなゴミを置かないことです。例えばペットの餌を庭に放置しておくと、それを目当てに侵入してきます。もしも見つけた時には自分で捕まえないで、保健所や役所に届けることです。ハクビシンは特定外来種に指定されていないので、個人で勝手に捕まえると鳥獣保護法違反に問われます。確実に駆除したい場合は鳥獣保護の捕獲許可を持っている駆除業者に依頼します。駆除の専門家なのでスピーディーな対策を取ってくれます。また再び侵入しないような対策を施してくれます。

フン害で天井が抜け落ちる

ハクビシンが屋根裏に住み着くと、フンや尿の被害に悩まされます。1ヵ所にするので、知らないで放置しておくと天井が抜け落ちることもあります。また外からダニやノミを持ち込むので、小さい子供がいる家庭は注意が必要です。ハクビシンを見つけたらすぐに駆除業者に連絡をします。特に家庭内でペットを飼っているとノミやダニを室内に持ち込むので、近所でハクビシンの被害報告があった場合は早めに駆除対策を取った方が安心できます。個人でできる対策としては、床下や屋根裏の隙間を塞ぐことです。小さな隙間でも潜り込むので完全に密閉するようにします。ハクビシンは見た目が可愛いので、子供が近づく恐れがあります。餌を与えたりすると住み着いてしまって被害が大きくなるので、早めに追い出すことが大事です。

個人で退治する方法

鳩は街中でもよく見かけたり、人懐っこいとこもあり人間に害がなさそうですが、実は害鳥と言われるくらい住宅被害をもたらします。駆除グッズは通販でもたくさん売られていますが、鳩はかしこいので駆除効果が高い方法で行ないましょう。

リスクが高い

スズメバチの巣を発見したら、駆除は非常にリスクが高い為に、絶対にスズメバチ駆除業者へ依頼を行って下さい。下手に近づくと攻撃される可能性があるからです。特に夏の時期は気を付けましょう。